カブトムシの産卵時期・方法は?羽化〜成虫の成熟期間・種類は?


今回のテーマはこちら↓

カブトムシの産卵時期や方法・羽化〜成虫の成熟期間

カブトムシが羽化して成虫になったからといって、その時点ではまだ、産卵させる行為が出来る準備には入っていません。というのも、カブトムシが成虫になってその後成熟したらやっと、産卵させることができる状態になったということになります。

ですので、成虫だからといって全てのカブトムシが産卵させる行為が可能という認識を持つのは間違いで、成熟したのを確認してオスとメスを一緒にする必要があります。

羽化→成熟→成虫の流れがあるということを覚えましょう( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

成虫が産卵・行為可能か見極める方法

成虫が産卵・行為が出来る状態、つまり、成熟しているか確認できる目安があります。

*カブトムシがエサを食べはじめた
*エサの量が増えた

スクリーンショット 2015-06-14 3.06.01

このように羽化から成虫になって、エサを食べはじめてエサの量も増えてきたら、成熟して産卵させる準備が出来ている状態です。

*飼育ケースの中で羽ばたく

スクリーンショット 2015-06-21 10.38.12

エサを食べはじめて量が増えてくる、という目安以外にもこのように飼育ケースの中で羽ばたく行為が確認出来たらコレも、産卵可能な成熟状態になっているという判断が出来ます( ´ ▽ ` )ノ

羽化から成熟するまでの期間

カブトムシが羽化から、成熟するまでの期間はカブトムシの飼育環境やカブトムシの種類によって様々ですが羽化してからオスとメスが行為出来る成熟期間の目安を紹介します。

成熟したオスとメスを同居させる

カブトムシが成虫から成熟したら、オスとメスを同居させましょう( ´ ▽ ` )ノ

もし、まだカブトムシが成熟していない状態で一緒にさせても産卵させる行為が出来ないので、成熟してから一緒にさせましょう。成熟している状態になっているオスとメスなら特に何もしなくても、このように行為をします(^_^)

スクリーンショット 2015-06-21 10.31.25

もしも、自分の目で確認しないと安心出来ないというなら木の上にメスを乗せて、その上にゆっくりオスを下ろしてあげればこのように行為を行いますので、気になる方はやってみてください。

注意点

カブトムシのオスの前脚のフ節がとれていると行為が難しいです。

スクリーンショット 2015-06-21 11.35.39

カブトムシのオスは上の画像のように、メスの上の乗って、メスの体にこのフセツを引っ掛けて行為をしますので、なるべくフ節のある個体を使いましょう。

また、メスの場合はフ節の無い個体でも行為することは可能です。そして、産卵のためにマットや産卵木にもぐって行く事も問題無いです。

ペアリングが成功する確率をさらに高くするには大きめの容器でオス1匹メス2匹の飼育環境で飼育するといいでしょう( ´ ▽ ` )ノオスを複数入れると、メスをめぐってケンカしますので良くないです。野外で採集したメスの場合は、そのほとんどの個体がペアリングの必要がありません。

そのため、野外採集や購入した場合はエサの食べ具合を数日観察し、食べないようであれば『熟成期間』や『ペアリング』が必要です。

今回は、産卵させる時期・方法や羽化〜成虫の成熟期間でした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.