クワガタの蛹化・羽化!〜期間・蛹室・羽化不全〜


今回のテーマはこちら↓

クワガタ蛹化・羽化

今回は、クワガタの蛹化と羽化について紹介したいと思います。蛹の時は蛹室に注意しないと、羽化不全になる可能性がありますので、記事を参考にしてくださいね♪では、いってみよう( ´ ▽ ` )ノ

クワガタ蛹・蛹化・蛹室・期間・羽化不全

スクリーンショット 2015-07-07 17.03.53

蛹期間→約4週間〜8週間で羽化
蛹温度→主に20度〜25度

クワガタの蛹についてですが、蛹化する前に前蛹の頃に蛹室を形成する時期があります。この段階で蛹室を上手く形成出来ているか確認して、もし上手く形成することが出来ていなかったら、人工蛹室に移す必要があります。

基本的にクワガタの場合は、飼育ビンでマットや菌床飼育をしていると思いますが、ビンの側面に蛹室を形成しますので、『蛹室のスペースがあるか?』『ちゃんと作れているか?』確認する必要があります。

上記の画像は蛹化したクワガタですが、この蛹化する前の幼虫の状態(前蛹)黄色っぽくなっている状態で、体長の1.5倍ぐらいのスペースが必要です。この時点で、明らかにスペースが足らない時は、羽化不全になる可能性大なので人工蛹室に移動させましょう!

スポンサーリンク

また、天井が崩壊しそうな場合や、水分が溜まっている場合は危険なので、このような時も人工蛹室に移す必要があります。以下の記事でティッシュペーパーで人工蛹室を作る方法と、オアシスで人工蛹室を作る方法を書いていますので、参考にしてください( ´ ▽ ` )ノ

ティッシュペーパー人工蛹室

オアシス人工蛹室

クワガタ・羽化・羽化不全

蛹になったクワガタは、飼育環境の温度などにもよりますが、だいたい4週間〜8週間で羽化し成虫になります。基本的に羽化したクワガタは、時期が来たら自力で上に出てきますのでそのままそっとしておくのが一番です。

もし自分で取り出そうと思った場合は、羽化後の成虫は体が固まっていないので、羽化後3週間〜4週間は間をあけて掘り出すようにしましょう!最低でも2週間は待って!(笑)

ちなみに、ビンから羽化したクワガタを掘り出したい場合は、たらいや新聞紙などの上で頑丈なスプーンかマイナスドライバーなどで掘って取り出します。幼虫のエサ交換の時に穴を開ける時みたいな感じですね♪

そして、掘り出してクワガタを飼育ケースに入れたら、エサもいつ食べてもいいように設置しておきましょう!エサを食べるまでにクワガタの種類によって初めて食べるまでの期間が違いますが、その時が来たらちゃんと食べますので心配いりません(^ ^)

では、今回はクワガタの蛹化・羽化についてでした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.