コクワガタの採集方法!〜時期・場所〜


今回のテーマはこちら↓

コクワガタ採集

コクワガタは日本でも馴染みがあるクワガタですよね(^ ^)北海道から九州まで、幅広く生息していますし、もっとも見る機会が多いと思います♪そんなコクワガタの採集方法を今回は紹介していきます!では、いってみよう( ´ ▽ ` )ノ

コクワガタ・時期

スクリーンショット 2015-08-26 17.11.09

活動時期→4月〜10月

コクワガタが日本で活動し始める時期は、早い所で5月頃から活動します。もちろん、地域によってこの時期はズレてきますが、西日本の九州など比較的暖かい地域では4月頃から活動する個体もいます(^ ^)

また、長く採集出来る地域では10月頃まで採集することが可能で、活動が一番活発になっている時期は他と同様に6月〜8月頃となっています。

コクワガタ・採集場所・ポイント・どこにいる?

スポンサーリンク

雑木林→クヌギ、ニレ、ヤナギ、ナラ、タブ

続いて、コクワガタの採集する場所についてお話ししていきます。コクワガタは主に雑木林で生息しています。また、標高についてですが、平地から少し高い所まで生息しており、生息範囲が広く、他のクワガタなどを採集しに出かけた時ちょこちょこ見かけます(^ ^)

雑木林では、カブトムシと同じようにクヌギ、ニレ、ヤナギ、ナラ、タブなどの木を探して採集するのですが、樹皮の裏やウロ(洞)の中、木の表面、葉っぱ、などその時によって様々で色んな場所にいます(笑)

比較的、初心者でも捕まえることが出来るクワガタなので、まずコクワガタの採集に慣れてオオクワガタなどの採集に挑戦するのもアリだと思います♪

コクワガタ採集方法・ルッキング・燈火・トラップ・時間帯

ルッキング採集(早朝・日没〜)
木を蹴って落とす

燈火採集(日没〜22時)
トラップ採集

ルッキング採集で採集する方法が、一番大きな個体を捕まえることが出来る可能性があります。というのも、コクワガタは比較的飛ぶ方なのですが、小型やメスの方がよく飛びますし、樹液酒場でも喧嘩に弱いのでその分、飛んで他の場所を探し求めます。木の表面や木の中、木の隙間、樹皮の裏などを重点的に探しましょう!また、木を蹴って落とす方法もかなり使えますので一発目の蹴る時に集中しましょう♪

燈火採集についてですが、自動販売機・外灯・街灯・木の多い公園の光で採集します。時間帯は日が暮れてからになります。小型のコクワガタが多いですが、比較的採集しやすいですね♪

トラップ採集ですが、フルーツやシロップでやりますがバナナトラップが王道です(^_^)日中の間に雑木林にいって、バナナトラップを仕掛けて、夜に見にいきます。近くの木に樹液が出ていない場所にセットしましょう!

バナナトラップ作成方法

最後に野外採集は、「雨・強風・満月」の日は採集に不向きなのでやめましょう!では、今回は、コクワガタの採集方法でした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.