オウゴンオニクワガタ飼育!〜寿命・幼虫・産卵〜


今回のテーマはこちら↓

オウゴンオニクワガタ飼育

オウゴンオニクワガタはローゼンベルグオウゴンオニクワガタと、モーレンカンプオウゴンオニクワガタの2種類がいます。その違いはモーレンカンプオウゴンオニクワガタはローゼンベルグと違いオスの大顎の形状が湾曲ではなく、直線的になっています♪

では、今回はオウゴンオニクワガタの飼育について紹介していきます( ´ ▽ ` )ノ

オウゴンオニクワガタ画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-15 14.42.16

オウゴンオニクワガタの特徴は、金色のボディとアゴの形状ですね!ローゼンベルグは湾曲、モーレンカンプは直線的です。また、生息地はマレー半島、ジャワ島、スマトラ島、カリマンタン島、ミャンマーに生息しています。

中でもタイ産のババオウゴンオニクワガタはとても希少でオウゴンオニクワガタで一番美しく値段が高いです。また、湿っている時は黒く、乾いている時は黄金色です。

豆知識→日本のオニクワガタは黒ですが、オウゴンオニクワガタに似ています( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

オウゴンオニクワガタ成虫飼育・寿命・ギネス・温度

成虫飼育温度→22度〜25度
成熟期間→3ヶ月〜5ヶ月
成虫寿命→約4ヶ月〜12ヶ月
ギネスサイズ→83.4mm

オウゴンオニクワガタの成虫飼育は他のクワガタ同様に、飼育マット又はおがくずマット・転倒防止材・エサをセットします。また、メス殺しはほぼ無いのでオス&メスの同居は可能となっています。寿命がそこまで長くないので、頃合いをみてペアリングをしましょう。

オウゴンオニクワガタ幼虫飼育・幼虫期間・温度

幼虫飼育温度→22度〜25度
幼虫期間→8ヶ月〜15ヶ月

オウゴンオニクワガタの幼虫の飼育方法ですが、産卵木マットの材飼育では上手く成長しませんので、カワラタケ菌糸瓶で飼育するようにしてください。

オウゴンオニクワガタ産卵飼育セット・温度

産卵飼育温度→23度〜25度

オウゴンオニクワガタの産卵飼育方法ですが、カワラタケ菌糸・カワラ材・霊芝(レイシ)材に産みます。産卵マットは針葉樹のクワマット又は完熟マット。レイシ材は4時間ほど加水して1〜2日乾かして下さい。カワラ材の場合、人工カワラ材がそのまま使えます。

これらを、他のクワガタ同様に産卵木で産卵させる方法と同じようにすればセットすればOKです。また、材の剥いだ皮は転倒防止材として使えます( ´ ▽ ` )ノ

あとは、高タンパクゼリーを3個ほどセットし1週間に一度チェックすれば完璧です!産卵から孵化までは約3週間ですが、産まない場合はもう一度ペアリングしましょう!

では、今回はオウゴンオニクワガタの飼育方法でした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.