スマトラオオヒラタクワガタの飼育!〜最強・寿命・幼虫飼育・産卵〜


今回のテーマはこちら↓

スマトラオオヒラタクワガタ飼育

スマトラオオヒラタクワガタは、パラワンと並ぶ最強のクワガタです!その力はヘラクレスも粉砕するパワーがあります。そんなスマトラオオヒラタクワガタの飼育方法を今回は紹介していこうと思います♪では、いってみよう( ´ ▽ ` )ノ

スマトラオオヒラタクワガタ画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-15 14.43.52

スマトラオオヒラタクワガタの特徴はこの画像のように分厚い顎と横幅ですね!その力は挟まれたら流血必至(笑)産地によって内歯の位置が上下し、スマトラで特に一番人気があるのがアチェ産となっています。また、生息地に関してはスマトラ島でアチェ・パダン・リアウ・ベンクルとなります。

スマトラオオヒラタクワガタ成虫飼育・寿命・ギネス・温度

スポンサーリンク

成虫飼育温度→18度〜25度
成虫寿命→平均1年〜2年
ギネスサイズ→野外:103mm 飼育:99.7mm
羽化後成熟期間→4ヶ月〜6ヶ月

成虫の飼育マットに関しては、どの種類のマットでも構いません。温度に関しても比較的、飼育しやすいですね( ´ ▽ ` )ノオスとメスを一緒にするとオスがメスを殺してしまいます。

スマトラオオヒラタクワガタ幼虫飼育・幼虫期間・温度

幼虫飼育温度→16度〜25度
オス幼虫期間→8ヶ月〜12ヶ月
メス幼虫期間→6ヶ月〜10ヶ月

スマトラオオヒラタクワガタの幼虫飼育は、クワマット飼育でもいいですが、菌糸ビンのオオヒラタケ菌が個人的にはオススメです。大型を狙うなら低音管理なので、16度〜20度がベスト!菌糸ビンは大きな方がいいので、1400ccの菌糸ボトルが良いですね♪

スマトラオオヒラタクワガタ産卵飼育・ペアリング・温度

産卵飼育温度→25度・最低23度

まずペアリングに関してですが、後食して5〜6ヶ月ほど経って行うようにしましょう。羽化時期がズレる場合は、幼虫時期に温度差を付けるか他の伴侶を使用しましょう。

産卵セット方法は、『発酵マットのみの飼育と、産卵木を入れる発酵マット飼育』の2つの産卵セット方法があります。

まず、マットに関しては、完熟マット又は黒土マットにします。マットのみの飼育方法は、底面から7割ほど固めにマットを詰め上部2〜3センチは軽く詰めます。そして、転倒防止の木片と高タンパクゼリーを複数入れます。初心者の方は以下記事を参考にして下さい↓

クワガタ発酵マット産卵方法

産卵木を入れて産卵させる方法は、以下の記事で詳しく解説しています↓

産卵木で産卵させる方法

では、今回はスマトラオオヒラタクワガタの飼育方法でした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.