マヤシロカブト販売・飼育!モロンシロカブトは?


今回のテーマはこちら↓

ヤマシロカブト・モロンシロカブト

シロカブトと言えば『グラントシロカブト・ヒルスシロカブト・ティティウスシロカブト』が有名ですが、今回はヤマシロカブト・モロンシロカブトについてお話ししていきます( ´ ▽ ` )ノ

ヤマシロカブト画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-10 3.19.28

ヤマシロカブトの特徴的なところは何と言っても頭角先端の斧状の突起です。ヒルスシロカブトだと小型で、羽化したら先端の突起部分が無くなってしまいやすいのですが、 この種は小型で羽化しても特徴が出やすく、斧状の突起がカッコイイ(=゚ω゚)ノ

生息地に関しては、メキシコ(チャパス州),グアテマラ,ホンジュラスとなっています。

スポンサーリンク

ヤマシロカブト販売・飼育・期間・温度

ヤマシロカブトの販売は現在確認できませんね(^_^;)飼育に関してはこちらを参考にしてください↓

飼育温度→20度前後
羽化まで期間→18ヶ月〜24ヶ月
寿命→約4ヶ月

幼虫期はメキシコ産の場合、約2年掛かるのに対し、ホンジュラス産では約1年で羽化までいきます。また、飼育方法はマットに産卵しますので他のカブトムシの飼育方法で飼育可能となっています。

モロンシロカブト画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-10 3.59.46

モロンシロカブトの特徴は、頭角と胸角もそんなに長いわけではないですが、とても太いです。胸角の突起は、基部に2本あって前方に突き出しています。体の色は、ヘラクレス・ヘラクレスによく似ており、落ち着きのある黄色で模様もそっくりですが、少しヒルスシロカブトのような斑紋があるのが特徴です。

生息地に関しては、メキシコ(ベラクルズ州サンタマルタ山脈)で生息しています。

モロンシロカブト飼育・温度・寿命

モロンシロカブトの飼育はマットで産卵しますので完熟発酵マットを使用しましょう。

飼育温度→15度〜23度
幼虫期間→12ヶ月〜24ヶ月
羽化後休眠期間→3ヶ月〜6ヶ月
成熟後寿命→2ヶ月〜4ヶ月

基本的に飼育方法は他のカブトムシ同様の飼育で問題ないです。後は、温度に注意すればOKですね(^_^)

では、今回はヤマシロカブト・モロンシロカブトについてでした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.