グラントシロカブトの販売・通販は?幼虫・飼育・ギネスは?


今回のテーマはこちら↓

グラントシロカブト

カブトムシの中でシロカブトの仲間は5種(1亜種)が生息していますが、今回はグラントシロカブトの紹介をしていこうと思います!白いカブトムシの販売や飼育方法はどうやるのか等、色々話してるいきます♪では、いってみよう( ´ ▽ ` )ノ

グラントシロカブト画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-09 21.41.50

何と言っても特徴的なのがこの白いボディですね!他のシロカブトの仲間がクリーム色から黄色に対して、このグラントシロカブトは真っ白な体色でシロカブトの代表です♪

また、このグラントという和名の由来は南北戦争の英雄であるグラント将軍にちなんで付けられたというのが定説だったんですが、実はアリゾナ州の地名から来ているようです。

生息地に関しては、アメリカ合衆国(ユタ州,アリゾナ州,ニューメキシコ州)

スポンサーリンク

グラントシロカブト通販販売価格・値段・ギネス

グラントシロカブトのギネスのサイズは89mm。通販の販売価格はアリゾナ産地のオスが60mmメスが48mmのペアで値段が13000円ほどとなります。

グラントシロカブトの飼育・寿命・幼虫期間・温度

グラントシロカブトの飼育で他のカブトムシと大きく違う点は、孵化まで平均3~6ヶ月かかることです。1ヶ月で孵化する卵もありますが基本は3〜6ヶ月ですね。

成虫飼育温度→24度〜28度
幼虫飼育温度→22度〜26度
幼虫期間→8ヶ月〜18ヶ月で成虫。
羽化後→1ヶ月で成熟

寿命→3ヶ月〜5ヶ月

幼虫飼育は飼育ケースもしくは、2000ccぐらいの瓶で羽化まで飼育すればOK。幼虫は3令までは共食い防止のために個別飼育するようにしましょう。基本的に、飼育・ブリード方法は他のカブトムシと同様の飼育方法で問題ありません。

幼虫の餌は、発酵マットだけでもいいですが牛糞、菌糸カスなどを混入するとより良いです。また、ドッグフードをケース底に、1~2粒ほど置いておくと幼虫の成長が良くなるようですね。ドックフードにカビが発生しても幼虫が食べるのでそのままで大丈夫です♪

産卵時に関しては、メスが産みつけた卵を踏みつぶす可能性があるので、産卵槽は適度に交換したほうがいいです。卵は孵化するまでバラバラで期間も長いので、プリンカップなどで個別で卵を管理したほうが確実性があります。

グラントシロカブトの色に関する豆知識

グラントシロカブトは、湿気がある場合は黒色をしていますが、乾燥すると白色に変色します。また、白色に変色するのは羽化1ヶ月後~2ヶ月後くらいの期間で、その後は色抜けしなくなります。

そして、WD個体よりブリード個体の方が綺麗な白色で羽の斑点も少なくて、美しい個体になることが多いようですね(^_^)なるほど〜♪

このような点に気を付けて飼育してくださいね!では、今回はグラントシロカブトについてでした( ´ ▽ ` )ノ

 

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.