ネプチューンオオカブトの飼育・販売価格・値段は?


今回のテーマはこちら↓

ネプチューンオオカブト

ネプチューンオオカブトはヘラクレスに次いで、世界で2番目の体長をほこる大型カブトムシです。真っ黒なボディに4本の角が特徴的な人気のあるネプチューンオオカブトを今回は紹介していきます♪では、いってみよう( ´ ▽ ` )ノ

ネプチューンオオカブト画像・特徴・生息地・ギネス

スクリーンショット 2015-08-09 18.53.00

ネプチューンオオカブトの特徴は、胸角と同等の長い頭角があって、前胸部前方に2対の短い角があります。角はヘラクレスと比べると細いく、折れ易いので注意しましょう。また、体色は全身黒色で、綺麗な光沢があります。メスの場合は胴体が長くて、尻部の毛も長い。

ヘラクレスに比べると成虫の寿命は短くて、逆に幼虫期が長いため、ヘラクレスに比べると飼育しにくいオオカブトとなっています。

生息地に関しては、ペルー北西部,エクアドル,コロンビア,ベネズエラで生息しています。

そしてギネスのサイズは野外:165mm飼育:143mmとなっています。

スポンサーリンク

ネプチューンオオカブト販売価格・値段

ネプチューンオオカブトの販売価格・値段は、産地がコロンビア・サンタンデールでサイズが♂120mm♀64mmで約50000円。サイズが♂134mm♀67mmで75000円となっています・・・高いです(; ̄ェ ̄)

エクアドル産のオス137mm・メス62mmペアの販売価格は30000円。ちなみに、このペアは血を入れ替えて産まれた子です。サイズや血統によって値段は変わってくるので、ご自身の予算にあった買い方をしたらいいと思います(^_^)

ネプチューンオオカブト飼育・温度・寿命・幼虫期間

ネプチューンオオカブトの飼育について紹介します。

成虫飼育温度→18度〜23度
幼虫飼育温度→18度〜23度
幼虫期間オス→約2年半〜3年
幼虫期間メス→約2年〜3年
成熟期間→3ヶ月〜6ヶ月
寿命→成熟後、約4〜10ヶ月

他のカブトムシに比べて暑さに弱いので温度管理に注意しましょう。また、幼虫期間が長いので気長に成長するのを待ちましょう(^_^)幼虫のエサであるマットは、完熟発酵マットを使用するといいです。

また、25度を越えると産卵しませんし、幼虫の飼育で25度を越えると羽化不全が多く幼虫が亡くなったりするので、飼育温度には十分注意してくださいね!

産卵飼育の場合は、大きめの飼育ケースでカブトマットをガチガチに詰めること。まぁ、産卵の際は他のカブトムシと同様に固めに詰めていると思うので問題ありませんか(^_^)

では、今回はネプチューンオオカブトについてでした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.