ヘラクレスレイディの販売・飼育方法!バウドリーとは?


今回のテーマはこちら↓

ヘラクレスレイディ

ヘラクレス亜種の中でも、小型亜種のヘラクレスレイディ。そんなヘラクレスヘラクレスレイディについて今回は紹介していこうと思います。ヘラクレスレイディの販売価格・飼育方法、バウドリータイプとは?など気になることをお話ししていきます( ´ ▽ ` )ノ

ヘラクレスレイディ画像・特徴・生息地

スクリーンショット 2015-08-09 7.04.03

ヘラクレスレイディの生息地は、小アンティル諸島セントルシア島・マルティニーク島で生息するヘラクレスオオカブトです。ヘラクレス亜種の中でも小型亜種のヘラクレスレイディですがオスの成虫のサイズはだいたい100mm位のサイズになります。

ヘラヘラなどのヘラクレス種に比べると、全然サイズが違いますね(^_^)

ヘラクレスレイディタイプ・バウドリータイプとは?

ヘラクレスレイディはダィナステス・ヘラクレス・レイディ(DHR)というセントルシアの亜種で基本型は「レイディ」です。レイディは頭角が胸角よりも長いのですが、その中でも頭角突起が2本以上ある、比較的胸角の基部が太いものを、バウドリータイプと呼んでいます。

スポンサーリンク

ヘラクレスレイディ販売価格

昔はヘラクレス種と言ったら、100万円という馬鹿高い値段がしたのですが、角も伸びない小さなヘラクレスがこんな値段なのはおかしい・・・ということで大暴落しました。というか、普通に高過ぎなんですがね(笑)

現在はブリード品などが出回っているんですが、ネットの通販などで購入できる販売価格は、セントルシア産の88mmペアで16000円ほどで購入することが出来ます。

ヘラクレス種の中でもヘラクレスレイディは安い値段で買えますね(^_^)

ヘラクレスレイディの飼育方法・期間・温度・寿命

ヘラクレスレイディの飼育方法は、他のヘラクレス種と同様の飼育方法で問題なく育てることが出来ます。

成虫飼育→20度〜25度
幼虫飼育→20度〜27度
成虫まで期間→12ヶ月〜16ヶ月
寿命→6ヶ月〜10ヶ月

注意点としまして、15度以下の飼育は危険ですので気を付けてください。また、繁殖に関しては産卵数が50個〜100個と多く、外国産カブトムシの中でも比較的簡単にブリードすることが出来ますね(^_^)

そして、幼虫飼育に関しても他のヘラクレス種と違って、角が短いため羽化不全になりにくく小型のケースでも育てることが出来ます。3令後期になっていたら、マット交換は羽化を早めてしまうことがありますので、もし大型の個体にしたいと思っているならマット交換のタイミングに気を付けましょう!

では、今回はヘラクレスレイディについてでした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.