カブトムシの臭い対策方法はこれだ!クワガタにも有効!


今回のテーマはこちら↓

カブトムシの臭い

夏真っ盛りの今の時期は、カブトムシやクワガタをGETして飼育している方は多いと思います。そこで、気になってくるのが『臭い』ですよね??クワガタはカブトムシに比べるとそこまで臭いませんが、出来れば臭いを抑えたいですよね?今回は、カブトムシとクワガタの臭いの原因と対策方法をお話しします( ´ ▽ ` )ノ

カブトムシ・クワガタの臭い原因

スクリーンショット 2015-08-01 15.34.20

飼育ケースでカブトムシとクワガタを飼育していると思いますが、この独特な臭いの原因はいくつかあります。それがこちらです↓

①マットの臭い
②おしっこの臭い
③餌(えさ)の臭い

このような3つの原因が元で臭いが漂ってしまいます。これらの臭いを抑えることで格段にクサイ臭いを抑えることが出来ますので、それを紹介します(^_^)

スポンサーリンク

カブトムシのマットの臭い対策

まずマットに関してですが、最初に購入した時の状態のマットは嫌な臭いはしませんよね?「なぜクサイ臭いになってしまったのか?」というと『おしっこが原因』なのです。

飼育ケースの側面が茶色のシミになっているのは、おしっこです!ですので、マットが乾燥して霧吹きで加湿する際は、飼育ケースの側面をキッチンペーパーを濡らして綺麗に拭き取りましょう!テイッシュペーパーよりも、キッチンペーパーの方が綺麗に取れます。

また、マットにもおしっこが付いていますので臭いがまだ気になる場合は、マット交換しましょう!ここで注意点は、メスが卵を産んでいる場合がありますので、新聞紙にマットを広げて白い小さな卵がありましたら、卵専用の飼育ケースに移動させるなどして飼育しましょう。卵専用ケースがない場合は、新しいマットに交換をして中にセットします(^_^)

カブトムシの餌(えさ)の臭い対策

カブトムシやクワガタの餌をスイカやメロンなど与えていませんか?このような餌は水分を多く含んでいるため、カブトムシやクワガタがお腹を壊して下痢をしてしまいます。その為、マットが汚れて臭いの原因になってしまいます。衛生的にも良くないですね(^_^;)

ですので、餌はカブトムシ・クワガタ専用のゼリーを与えることによって餌に関しての臭い対策が出来ます!( ´ ▽ ` )ノ

カブトムシ・クワガタ臭い対策オススメ品

スクリーンショット 2015-08-01 15.20.08

この子バエよけシートで子バエも防げて、臭いも外に出るのを防いでくれます!しかも、100円均一でも購入することが出来ますので、是非オススメの対策品ですね♪

このシートを蓋に挟んでください。シートが汚れると言うことは、今までおしっこが外に出ていたということです!そりゃ臭いわけですよ 笑

まとめ

上記で臭いの原因をしてきましたが、

①飼育ケースの側面を拭く
②マットの臭いが気になれば交換
③餌はゼリーを与える
④子バエ防止シートを挟む

このように対策をすることで、嫌な臭いともオサラバです!是非参考にしてくださいね♪では、今回はカブトムシとクワガタの臭いについてでした!

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.