クワガタの種類は全部でどのくらいあるのか?国産クワガタと外国産クワガタは?


今回のテーマはこちら↓

クワガタの種類

国産クワガタや外国産クワガタは何種類いるのか?全世界でどのぐらいの種類がいるのか?と、いうことを今回は話していこうと思います( ´ ▽ ` )ノクワガタムシという名称は、戦国時代の武士が戦闘の際に被っていた兜についている「鍬形」に似ていることに由来する俗称となっています。

国産クワガタの種類

スクリーンショット 2015-07-20 15.18.41

こちらは、国産の本土ヒラタクワガタというクワガタになります。国産クワガタは、39種類が確認されており、このヒラタクワガタはその中でも12の亜種で構成されています。

例えば、カブトムシのように詳しく分けるとヒラタクワガタの場合は、甲虫目クワガタムシ科→オオクワガタ属→ヒラタクワガタ種→ヒメオオクワガタ原名亜種→キュウシュウヒメオオクワガタ亜種となります。訳わかんないですよね 笑

スポンサーリンク

外国産クワガタの種類

国産クワガタの種類は39種類でしたが、外国産クワガタの種類も合わせると実に1500種類ものクワガタが存在しています。カブトムシよりも、クワガタの方が種類が多いんですねー( ´ ▽ ` )ノ

スクリーンショット 2015-07-20 15.42.10

このクワガタはパラワンオオヒラタクワガタというんですが、このクワガタは世界最強のクワガタと言われています。カブトムシなど他のムシと一緒の飼育ケースに入れていると、真っ二つにされます(; ̄ェ ̄)ヘラクレスオオカブトもパラワンの鍬にかかれば真っ二つです・・・

クワガタの生息地

世界中に色々な種類のクワガタがいますが、クワガタの生息地の特徴はカブトムシと同じように熱帯雨林に数多く生息しています。世界で1500種類もいますが、一番集中している生息地は東南アジアやアフリカ大陸などの熱帯雨林に生息しています。

クワガタの同じ種類で色が違うのは?

クワガタの同じ種類で色が「黒っぽい」「赤っぽい」という違いがあるのは、カブトムシと同じように絶滅しないように環境の変化に対応出来るように色が違ってきます。このような同じ種類でも色が違ってくるのは、他のムシでも同じことが言えますね( ´ ▽ ` )ノ

最後に・・・

まだ、あまりクワガタの知識が無い場合は国産の本土コクワ、ヒラタ、ノコギリクワガタを飼育してみることをお勧めします(^_^)そして、飼育に慣れて来たら外国産のクワガタの飼育をしてブリードなどを楽しんでみるのもいいと思います♪

ちなみに、国産のマルバネクワガタやヒメオオクワガタは産卵が難しいのでこのクワガタは注意してくださいね!では、今回はクワガタの種類についてでした( ´ ▽ ` )ノ

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.